カードローンの審査基準について

カードローンは、有名芸能人やアイドルなどを使ってテレビでCMをするほど有名で一般的になっています。

特に最近ではほとんどのカードローン会社が銀行または銀行のグループ会社に組み込まれているので、ちょっと前までの利用しても大丈夫かな?という不安もほとんどなくなってきています。

ただ、はじめてカードローンを申し込みする時や、他社からの借り入れがある人は、自分の条件で審査に通ることができるのか、ローン会社から実家や会社へ電話は入らないだろうか、などといろいろ点で不安になってしまうという人は多いです。

あまり知る機会はないのですが、カードローンの審査には各社に審査の基準というのがあります。

カードローンの審査基準は、ローン会社によって異なってくるものの、基本の審査事項はだいたい同じです。

審査される主な判断基準は、年齢や職業、勤続年数、居住年数、家族構成です。

ローン会社の立場になってみれば当然ですが、安定した生活や収入を得ている人は返済も安定して定期的にしてくれそうですし、お金を貸しても大丈夫そうということになりますよね。

一方、転職を何度も繰り返しいて勤続年数が短かったり、他のカードローン会社からの借り入れが多い方には、貸し出すことに慎重になります。

また、過去にカードローンを使ったことがある人であれば、過去のカードの利用実績も確認されます。

ほかの会社のカードであっても、たとえば延滞が多かったり債務整理などがあった場合は、審査はとおりにくくなる恐れがあります。

こういった情報は事故情報とも言われていて、カードローン会社が審査する人の情報を共有する機関に情報が載っています。

審査の時は必ずこの機関であなたの金融機関の利用状況を調査するので、審査で不利になります。

カードローンの審査は、事前審査という簡単な審査と、本審査の二つがあります。

事前審査については申し込むとすぐに結果が出るのですが、特に無職で収入がないなどでなければ基本的に通ります。

この仮審査に通ると、本審査に入ります。本人確認書類が確認されて、勤務先に在籍確認が行われます。

在籍確認は個人名でかかってきますので、会社の方にカードローンを使っていると知られることは心配しなくても大丈夫です。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意

このページの先頭へ